×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



早稲田大学野球部 リンク集

早稲田大学野球部(わせだだいがくやきゅうぶ、Waseda Baseball Club)は、東京六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。早稲田大学の学生によって構成されている。卒業生(あるいは4年生次まで在籍した部員、会が入会を認めた者)で構成するOB会の名称は稲門倶楽部。 日本の野球の創成・発展に大きく寄与したことから、慶應義塾大学野球部(慶應)とともに、野球のルーツ校的存在とされている。

→→ NYダウ →→ 無添加のシャンプー →→ ファンケルの口コミ →→ 看護師転職 口コミ

1945年8月に終戦を迎えると10月には疎開していた選手たちが集まり練習を再開、10月28日には全早慶戦が開催され日本に球音が帰ってきた。戦前にマネージャーだった相田暢一(このとき学生ながら監督を務める)らが買い揃え蓄えていたボールやバットなどの野球用具は、惜しみなく他校に貸し与えた。 1946年春には東京六大学リーグ戦が再開され、秋にはエース・四番・主将の岡本忠之が全11試合登板・10勝7完封と不滅の大活躍を演じて戦後初優勝を果たし、そのシーズンより下賜された天皇杯を拝戴した(ちなみに戦前の摂政杯をはじめて拝戴したのも早稲田。摂政杯は皇太子時代の昭和天皇が下賜したもの)。その後1947年秋には上級生らの繰り上げ卒業による戦力低下のため史上唯一の最下位に沈むも、翌1948年にはシベリアから復員した石井藤吉郎の加入で息を吹き返して優勝、以降森茂雄監督・外岡茂十郎部長のコンビで1956年まで毎年のように優勝を重ね戦前に続く黄金時代を実現した。投手では当時リーグ新の44勝を記録した末吉俊信や石井連藏、1957年パリーグ新人王の木村保、野手では蔭山和夫・荒川博・岩本尭・広岡達朗・森徹らの名選手を輩出した。1959年には全日本大学野球選手権を初制覇、1960年には伝説的な早慶六連戦の末に慶應を破って優勝、大きな話題となった。しかしその後は6季連続でBクラス落ちと低迷した。 石井藤吉郎が監督に就任した1964年から息を吹き返し、「打棒ワセダ」と呼ばれた強力打線が復活、谷沢健一や荒川尭・中村勝広らが神宮球場にホームランを連発した。1970年代も松本匡史・佐藤清・山倉和博・金森栄治・三冠王岡田彰布らの強打者が出て、しばしば優勝はするものの連覇はなかなか果たせず(1957年から2001 年までの間に連覇はわずか1回)、優勝回数を重ねられずにきた。1980年代に入ると受験難に伴って有力な高校生が入部しづらくなり、戦力面で法政や明治に大きく水を空けられた。東大に史上初めて完封による2連敗で勝ち点を献上したり(1981年)長く占めてきた優勝回数最多の座も法政に譲り、1982年秋を最後に7年間優勝から遠ざかった上に慶應・立教にも復活を先んじられるなど、低迷を続けてきた。 1987 年に新設された人間科学部一期生が最上級生となり、石井連藏が再生を担い監督に復帰して3年目であった1990年春、勝ち点を取った方が優勝という12年ぶりの早慶決戦は3日間とも神宮を超満員に埋め、スポーツ紙が久しぶりに早慶戦を一面に据えた。そこでは早稲田が勝ち点を奪い優勝するなど復活の兆しを見せたが、その後の10年間で優勝2回と90年代に入っても不調が続いた。特に1978年秋(早慶戦75周年)1979年春(リーグ戦100シーズン目)1982年秋(大学創立100周年)1993年秋(早慶戦90周年)など、節目の年にしか勝てないと揶揄されたりもした。チーム最悪のシーズン8連敗(1998年春)を記録するなど、かつての栄光からは程遠い苦難の時期を長く過ごした。 しかし、2007年の大学創立125周年に合わせてスポーツ各部の低迷を打開しようと大学が選手の積極的補強に方針転換、有望な選手が多数集まるようになった。1999年には早慶六連戦を戦った野村徹が監督に就任、選手をフルタイムで指導するようになったことからチーム力も向上し、触発されるように一般受験組の中からも好選手が出て、今世紀に入ってからは往年の活気を取り戻した。 2001年春に通算1000勝一番乗りを果たすと和田毅・鳥谷敬・青木宣親・比嘉寿光・田中浩康らを中心に2002年春から部史上初の4連覇を達成、2003年秋にはこれも部史上初の10戦全勝優勝を達成した。 2005 年に野村が勇退したが、後を受けた應武篤良が就任早々春のリーグで慶應との優勝決戦を制して優勝を果たす。2006年秋に38回目、続く2007年春には39回目の優勝を遂げた。注目された第56回全日本大学野球選手権大会でも33年ぶりとなる3回目の優勝を達成、大学創立125周年となる記念の年に華を添え、日頃から目標としていた「文武両道日本一」を実現した(大学選手権での東京六大学勢の優勝も12年ぶりのことだった)。さらに同年秋のリーグ戦では慶應との優勝決戦を制して40回目の優勝を果たし、(4連覇を含めて)3回目となる3連覇を達成した。21世紀に入ってからの優勝回数は9回と群を抜き(法政・明治・慶應を合わせても9回)、法政に最大で8回差まで離されていた優勝回数も2回差まで縮めた。 2007年には斎藤佑樹ら前年夏の早稲田実業の甲子園優勝メンバーほか多数の有望新人が入部し、早くも8人が神宮でプレー、チーム3連覇に大きく貢献した。中でも甲子園のヒーローであり時の人となった斎藤の入部で、野球部及び東京六大学野球への関心・人気の高まりが期待される反面、報道やファンが過熱しており、選手たちへの影響も心配されている。 2008 年3月にはシカゴ大学を招いて72年ぶりの交流試合を開催した(早稲田の3勝0敗)。 1950年3月に部史「早稲田大学野球部五十年史」を、2002年8月に「五十年史」と併せた「早稲田大学野球部百年史」をそれぞれ刊行した。

→→ トラップリピートイフダン(トラリピ)戦略の検証 →→ FX ブログ →→ キャバ嬢

現在は東京都西東京市東伏見3-5-25、東伏見キャンパス内の安部寮を本拠としている。 かつてはグラウンド・合宿所とも東京都新宿区西早稲田の早稲田大学付近にあった。グラウンド(安部球場)は本校キャンパスのすぐ隣にあり、授業中の校舎から球場での練習風景が見物できた。球場(1902年竣工)名は戸塚球場だったが、初代部長安部磯雄の死に伴ってグラウンドを安部球場、合宿所を安部寮と名付けた。球場は日本初のナイター=夜間照明試合を行った球場として、また1943年に「最後の早慶戦」を行った会場としても知られる。いずれも老朽化と大学の再開発計画に伴い、安部球場は1987年11 月22日の全早慶戦を最後に閉鎖し現在の東伏見に移転、左翼111m・中堅122m・右翼102m、室内練習場完備の近代的な施設へと生まれ変わった。また安部寮は1925年に竣工し、1992年夏に現在地へ移転した。 2007年、斎藤佑樹の入学が決まり1月13日より練習へ合流すると、予想された通り報道の過熱、練習に訪れる観衆の増加が見られた。加えて近辺の道路では観衆や住民、通行車両間での事故の危険性が高まってきた。こうした事態に対して、球場から寮への通路の変更やネットの増設、練習中の報道規制や訪問者へのID発行などの措置が取られている。3月開始のオープン戦については一般開放をせず、その後もしばらくの間練習・オープン戦の公開を行わなかった。 安部球場は夏の甲子園東東京大会の会場としても使用された。周辺の開発の影響もあってか右翼側が狭くなっており、後方の民家等を防御するために高いネットが張られていた。そのネットに当たった打球は二塁打と判定されるという球場独自のルールがあった。 安部球場の跡地には早稲田大学の総合学術情報センターが建てられたが、大学側と野球部との確認書に基づき、施設入り口には安部球場時代にセンター後方にあった安部磯雄と飛田忠順の胸像が今も残されている。また球場と本校キャンパスの間を貫く坂道は通称「グランド坂」で、球場がなくなった今もその呼び名で呼ばれている。

→→ 視力回復の方法 →→ 草花木果の口コミ →→ おまとめローン →→ サントリーのプロポリス

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 早稲田大学野球部 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4